レッスン受け放題!ネイティブキャンプの最新キャンペーン クリックで詳細へ

英語を話したい初心者がやるべきたった1つのこと【英会話のすすめ】

当ページのリンクには広告が含まれています。

英語を話したい人がやるべきことは「話すこと」です。

そんなことはわかってると言われそうですが、
話せるようになるには「話す」しかないですね。

日本にいる限り、どうしても、
英語を話すことが圧倒的に足りなくなります。
日本で生活するためには、日本語が必要ですからね。

声に出して、英語を「話す」!!!
これがとっても大切です。

♪こんな人に読んでもらいたい♪
英会話スクールに初めて通ってみようと考えている人
英語を話せるようにならなければならない人

ちびゆうく

Twitterのみんなのツイートにつられて、
何か資格試験の勉強しようかと思ったんだけど
英検って面接試験があるんだって・・・!

Yuuku

試験というだけでも緊張するのに
人前で英語を話さなきゃいけないって
たしかにドキドキするわね!

ちびゆうく

絶対、緊張するっっっ!
やる前からこんなんじゃ・・・

Yuuku

そうよね・・・でも、出来ることをやらなきゃ!
やっぱり練習は欠かせないんじゃない?

英検やTOEFLなどの目標がある場合、
目標達成のために試験日に合わせて
適切に話せるようになる必要がある人もいます。

今でこそ話せるようになりましたが、
英会話スクールに5年以上通っても・・・
それでもペラペラにならなかったYuukuです。

理由は話していなかったから。

え?英会話で話していなかったの?!
って、思う方もいるかと思います。

この記事を読むと・・・
★英語を「話す」とはどういうことかがわかります
★英会話に通うことの大切さとポイントがわかります

「英会話に通う」ことと「話す」ことは別物なのです。

気になる方は最後まで読んでいってくださいね。
それでは、詳しく話していきます♪

目次

英語を話したければ「話す」こと!!

英語の勉強の仕方は色々ありますが、
話したいと思っている人がやるべきことは
やはり「話す」ことです。

おそらく、ここに来てくださっている方々は、
英語を勉強したことはあると思います。

学生の時には基礎を学んでいますから、
話そうと思えば話せるはず。

(忘れちゃったというのは別の話ねw)

英語は勉強したのに話せない理由

話せない理由は人それぞれですし、
いろいろな理由があるかとは思います。

例えば・・・

  • 文法を間違えないようにと頭で考える
  • 上手く通じなかったら恥ずかしい
  • 単語が出てこない etc

これらが当てはまる人、
大丈夫、私も同じでした・・・

学生の頃に英語を勉強し始めた方が多いかと思います。
私は学生の頃に英会話にも通い始めました。

英語学習真っ只中ですので、
特に文法を間違えたら通じないと思って
考えてしまい、話せない・・・

英会話に通ったのに話せない理由

趣味を作りたくて、
何か始めたかった学生のYuukuは
ダンスか英会話か迷って英会話教室へ。

でも・・・

  • 目標がなかった(趣味だった)
  • 間違えるのが嫌だった
  • 勉強していなかった
  • 急に質問されても答えがなかった etc

趣味で通い始めたので、
勉強をしたかったわけではありません。

間違えたら恥ずかしくて嫌だなと思っていました。

学校では話せない時の間の埋め方とか、
相槌の仕方などを勉強した記憶はなく・・・

『 話せない・・・ 

通えば話せるようになると思っていました。
そうではないのですよね。

英会話スクールで「話す」ためには予習が大事

フリートーク(自由に話す時間)でない限り、
いつもの流れだったり、カリキュラムがあったりと
話しやすい環境にはなっています。

ただし、話せない理由があったように、
自分が話そうと思わなければ
いつまで経っても話せないのです。

「話す」ことをしなければ、
環境が整ったとしても話せない。

英会話に通うということは、
まだ話せない状態の人が多いかと思います。

・今日話すことを決めてから行く
・事前にレッスンの内容を確認して行く
・合間の繋ぎ言葉を覚えておく etc

予習をして、話せる状態をつくり、
しっかりと「話す」体験をしていきましょう。

話したい理由を明確に、先生に導かれよう

今話したいと思っている理由はなんですか?

  1. 海外ドラマを字幕なしで見たいから
  2. TOEIC受けたけど話せない
  3. 英検の面接のため
  4. 帰国子女だけど忘れそうだから
  5. 外国の友達をつくりたいから
  6. その他・・・

よく耳にする「英会話に通いたい理由」です。

仮に、英語が話せる友達と英会話をしていたとして、
でも友達は間違っていても、その都度訂正はしません。

英会話での相手は先生です。
間違っていれば、その場で訂正してくれます。

何度間違えても、訂正してくれます。

目標を明確にして、先生に導かれるように、
自分で「話す」道をつくっていきましょう。

★まとめ★ 英語を話したい初心者がやるべきことは「話す」こと

英会話に通いたい、特に初心者がやるべきことは
「話す」ということ、たった1つです。

  • 予習をして「話す」ことを決めておく
    そして、怖がらずに「話す」!!!

自分に合った、目標を達成できるような
英会話スクールを見つけて、
予習(と復習)を繰り返しながら一歩ずつ。

英語は1日にしてならず!です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

英語学習が好きな女子。ドラマも音楽もひとりごとも英語。

コメント

コメントする

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次