ネイティブキャンプのファミリープランは超お得! くわしくはココから

【Google it!】英語を英語で調べる!便利なパソコンの設定と使い方

毎日毎日パソコンを使っているYuukuです。

知らない英単語などが出てきた時、
ササッと調べられるインターネットは
英語学習の強い味方ですよね!

でも、検索すると日本語がいっぱい出てきます。
あなたは英語学習者。
英語環境に染まりたいんだーー!
と思うこと、ありませんか?

ちびゆうく

英語ネイティブの人が書いている記事とか
興味あるんだけど探せないんだよね・・・

Yuuku

そうよね。元々の設定のままであれば、
基本的には日本語のものが出てくるわね。

ちびゆうく

英語を英語で調べたい時、良い方法ないかなぁ?

Yuuku

Google検索ページの設定をすれば
英語が優先されて表示されるからオススメよ!

日本で「ググる」という言葉があるように、
英語でも「Google (it)」で同じ意味になります。

よく使うGoogle検索も英語仕様にしてみましょう。
詳しく説明していきます♪

目次

英語で検索できると英英辞典になる?

これから説明していく設定方法では、
英語で書かれた記事などを上位に表示させて
国外からの情報を得ていく方法です。

英単語を検索すると日本語訳が出てくるように、
英語の設定では、英単語が英語で説明されます。

まるで英英辞典のようになるんです♪♪

試しに「Internet」と検索をすると、
インターネットとは・・・というような内容が
英語で書かれているのが見られます。

もちろん、文章の中にわからない単語があれば、
単語をドラッグ(範囲指定)して、
右クリック→Googleで「●●●」を検索
とすれば・・・更に、英語で調べることができます。

【画像で説明】設定変更のやり方

Google検索は、例えば知らない英単語を検索すると、
大抵は一番上にGoogle翻訳の結果が表示されます。

通常は日本語で書かれている内容が多く出てきますが、
これを英語で書かれている内容に変更していきます。

Google検索結果画面から設定を開く

右上の方にある「歯車アイコン」をクリックする

Google検索の使用の「言語」を変更

①言語(Languages)「日本語」をクリックする

②Englishにチェックを入れて「保存」

英語に変わらなかった場合は・・・?

元々の設定によっては言語を変えただけでは
上手く設定が出来ないことがあります。

そんな時は「検索オプション」も変更します。

言語をEnglishに変更後に操作をすると、
「Advanced search」と表示されています

こちらが英語になった後の「検索オプション」

「region」がJapanになっているので、
一番上に出てくる「any region」に変更します。

  • regionというのは地域や領域等の意味があります。
    アメリカからの情報を主に検索したいと思えば
    「United States」にしてもOK!

変更後「Advanced Search」をクリック

「region」を検索してみると・・・
こんな感じで、英英辞典のようです!!

元の設定に戻す方法

元の設定に戻す時には、
これまでの設定方法の逆をします。

①「検索オプション(Advanced Search)」をクリックし、
  regionを「Japanもしくはany region」にする

②「言語(Languages)」をクリックし、
「日本語」にチェックを入れて「保存」

★まとめ★ 英語を英語で調べる設定で英語に慣れよう♪

Google検索で使える、
英語を英語で調べる設定についてお伝えしました。

この便利な設定はとても簡単でした。

  1. 歯車アイコンから設定を開く
  2. 言語を変える
  3. 検索オプションを変える

日本にいるとなかなか英語の環境になれない。
そんな悩みがある方でも、
生活の一部から英語環境を増やしていくことが出来ます。

英語の文章を読んで、わからない単語を調べる。
どちらも英語で読むことになりますので、
英語漬けで勉強になること間違いないですね!

ちびゆうく

洋書なども面白いですが、
インターネットの記事を読むのもオススメ♪

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

英語学習が好きな女子。ドラマも音楽もひとりごとも英語。

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次